荷造りは荷解きのことを考えながら行う

引越しは業者に依頼するとしても衣類やキッチン用品など細かなものの荷造りは自分で行うことが多いですが、この時に種類や用途別に分けて荷造りすることはよくあります。ただもう一つ、使う場所ごとに荷造りするともっと便利です。

例えば新居の寝室に置く予定のもの、リビングで使うものなどを部屋ごとにまとめておくのです。そうすると引越しをした後、それぞれのダンボールを各部屋に置いておけば荷解きもラクになります。いちいち荷物を探し回る手間も省けますし、室内を右往左往することもありません。

それに荷解きから整理整頓を一気に行うのは大変ですが、これなら部屋ごとに少しずつ整理していくことができるので、精神的な負担もありません。

ですので引越し前の荷造りをする時には、荷解きの時にどうすれば自分がラクできるかを考えながら行うと良いと思います。

私自身、これまで引越しの荷造りをした時には、荷解きや整理を短時間で済ますことができるよう工夫しながら行いました。