自賠責保険の値下げ

昨年12月がセカンドカーの車検でしたが、自賠責保険のニュースを見て、今年の4月からの実施ということで、少しがっかりしました。
以下、ネットニュースからの引用です。

金融庁は、2020年4月から自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料を平均16.4%引き下げることを発表した。自家用車の保険料(2年契約、沖縄・離島除く)は4280円下がり、2万1550円。軽自動車(同)は3930円下がり、2万1140円になる。これは交通事故の減少による保険収支の改善を反映するものである。

今回の値下げは、概ね4,000円と下げ幅は大きいと言えます。アクセルとブレーキの踏み間違とか、高齢者の事故が多いような感じがするニュースが多いのですが、実際は交通事故の減少により、保険料を還元することができるようになったようです。

カメラ連動の自動ブレーキシステムや若年層の車離れによる、初心者による事故の減少もあるのかもしれません。若年層の免許取得率の低下がニュースになっていますが、私の住んでいるような地方都市では、車が無くては話になりません。ましてやセカンドカー、サードカーもよくある話です。

これからの季節は、学生や卒業生で教習所が人であふれかえります。しかしちょっとした異変が起きており、地元の教習所に若い生徒さんが少なくなったと聞きました。隣接の県に合宿免許に力を入れている教習所が出来たようで、そちらに吸い取られているとか。

取得費用が5万円ほど違うそうなので、交通費を勘案しても合宿免許の方がお得になります。ネットでも合宿免許のサイトが多くあります。その中でも、最低価格保証を売りにしているサイトがありましたので下のリンクから覗いてみてください。

 

https://yfactory.info/