コブクロの曲が私の心の支えでした

私はコブクロの大ファンです。特にボーカルの黒田さんの声のファンです。ファンになったきっかけは東京から私が当時、住んでいた関西に遊びに来ていた友達に道頓堀を案内していた時にたまたまコブクロが路上ライブをしていて、その声に聴き入ってしまい、感動したからです。
まだメジャーデビューする前で、
コブクロの存在は知りませんでしたが、最後までライブを聞き、CDも購入し、小渕くんに購入したCDにサインもしてもらいました。その頃、東京の大学を卒業して、社会人になったばかりの時で、大阪で研修を終えたら東京に戻れると思っていたにも関わらず、勤務地がまさかの大阪になってしまい、ホームシック真っ只中で、本当に黒田さんの声を聴いて、涙が止まりませんでした。たまたま歌っていた曲が小渕くんの亡くなったお母さんへの想いを綴った曲で、実家に帰りたくなりました。

関西に知り合いもいなく、関西弁の飛び交う会社で毎日いっぱいいっぱいでした。緊張もするし、恥ずかし良い、顔は赤くなってりんごちゃんや赤ちゃんみたいなあだ名もつけられ、赤ら顔に悩む時もありました。毎日、会社に行きたくないと思っていました。そんな時に出会ったコブクロとピオリナは私の救世主です。ピオリナは口コミで見つけたのですが、それから毎朝、コブクロのCDを聞いてから会社に行きました。私の心の支えでした。コブクロに出会わなければ私の心は折れてしまっていたと思います。

それから間もなくコブクロがメジャーデビューして、テレビにも頻繁に出てくるようになりました。ライブにも何度も行きました。今でも毎日のようにコブクロの曲を聞いています。元気がない時、元気をもらいたい時も聞いています。子供が生まれてからライブに行けていませんが、またいつか行きたいです。