食事の内容を見直す

コレステロールが高い人は食事の内容を見直す必要があると言われています。人間の体には、LCLコレステロールとHDLコレステロールという二種が存在します。

2つを合わせた総コレステロール値もあります。何のコレステロール値が標準よりも高いのか、よく見極めることが大切です。体内に存在するLDLコレステロールは、またの名前を悪玉コレステロールともいいます。食事を見直す必要があるのは、LDLコレステロールが多い人です。低タンパク高脂質であることが、LDLコレステロールの特徴的なところだといいます。血液中のLDLが多すぎると高コレステロール血症という状態になり、動脈硬化、心筋梗塞など一命に関わる事態になりかねません。主に脂っこい食事を好む人は悪玉コレステロールが高くなりやすい傾向があります。食事で肉をよく食べる人も悪玉コレステロールが高いことが多いので注意しましょう。善玉コレステロールの場合は、血液の中に多く含まれていても、健康に良くないということはありません。動脈硬化、心筋梗塞といった症状を緩和する作用があるともいいます。善玉コレステロールは青みの魚やオリーブオイルなどに多く含まれているので、うまく食事に取り入れるのもおすすめです。viage 販売店