普段の食事を白米食から玄米食に切り替えるだけのダイエット

白米の量を減らして、ダイエット時の食事を食べているという方は、結構たくさんいます。玄米は、ダイエット時の主食として、白米よりも適していると言われています。田んぼで収穫した米はもみ殻を取り除き、精米によって白米になりますが、その精米前の状態が玄米で、色々な栄養が摂れます。特に玄米は食物繊維を多く含んでおり、白米と比べると4倍もの食物繊維を得ることができます。ダイエット効果を高めるためにも、食物繊維が持っている便秘解消効果や、血中脂質の調整効果はとても大事です。胚芽に含まれるビタミンEや、ビタミンBは、食事などで摂取したカロリーをエネルギーとして消費する働きを助けてくれるため、ダイエットにも有用です。白米よりも噛み応えがあるので、しっかり噛んで食べるようになり、少ない量でもお腹いっぱいになることができます。食べる量は同じでも、玄米に切り替えるだけで血糖値の上昇をゆるやかにすることができるため、ダイエットに役立ちます。ダイエット中の主食を玄米にすることで、飲み込む前に何回も咀嚼する習慣がつき、少量の食事量でも満腹できるようになるでしょう。玄米は少しゴソゴソするので食べにくいという人もいますが、白米とブレンドするといいでしょう。ダイエット中は玄米のみの主食のほうがいいので、白米の割合をちょっとずつ減らしていくと調整しやすいでしょう。食事内容を見直す際には、ダイエット効果が期待できる玄米を主食に用いることがおすすめです。わきが 体験談