マカの効能は具体的にどんなものがあるのか

さまざまな栄養素がギッシリと詰まっているマカ。取りわけ、気になるのが、女性ホルモンや男性ホルモンに関しての効能だろう。マウスを使っての動物実験では、性行動が助長されるなどの効果効能が実証されたが、人間に対する試験については、効果が出た実験とそうではないものがある。

しかし、ペルーでは伝承医学により、不妊症のご夫婦の療法に取り入れられてきた実績があり、昨今の科学研究員たちの間でも、ホルモン分泌が改良された男性や女性の例もさまざまある。 分泌系の活動を正常にしていくマカは、神経系を刺激してる興奮剤であるバイアグラとは、もとより作用の仕組みが異なってくる。もし療法に用いるなら、効果が見られるまで最低限2週間、摂取期間としては1~3ヵ月は継続していく必要がある。 男性、女性双方のホルモンを改善する理由は、マカのアルカロイドやサポニン、カルシウム、ビタミンB群、マグネシウムなどが内分泌ホルモンの恒常性維持機能(ホメオスタシス)を強める効き目があることが想定出来る。
ホメオスタシス、精力向上に効果が期待できるマカを手軽に摂取するには精力サプリの使用がオススメです。中でもマカエンペラー 効果が高いと評判です。