マカとはどんなもの?そして効能は?

マカは、カブやキャベツなどと一緒のアブラナ科の植物です。パッと見もカブのようなまん丸のシルエットをしていて、実際使用する際はこの根の部分を使用します。南米ペルー原産の多年生植物で、以前からペルーの人々にはなくてはならない滋養強壮食として大事に扱われてきました。

滋養強壮食というだけあり、マカは非常に栄養価が高い植物で、『アンデスの女王』という別の呼び方もあるほどです。今日では、滋養強壮作用が強固なことから、宇宙食の材料としても活用されています。マカは秋に種まきをすると、次シーズンの夏になったらは収穫できます。しかし、一度マカを採取した土地は、次のシーズンは利用できません。その要因は、びっくりすることにマカは成長する際に、その土地の成分をほとんど吸収してしまうと言われているからです。その土地の成分を思いっきり吸い込んだマカだからこそ、栄養成分がたっぷりと含有されているのですね。

マカに含まれる主な成分

  • ビタミンB1、B2、B6、B12、C、E
  • ナイアシン・カロチン
  • 鉄、銅、亜鉛、リン
  • カルシウム、マグネシウム、ナトリウム
  • セレン、リジン、アルギニン、セリン
  • ヒスチジン、トレオニン、グリシン
  • グルタミン酸、アスパラギン酸

マカを手軽に取り入れるにはサプリの活用が有効です。特にヴィトックスα 効果が期待できオススメです。