夏こそ冷房対策を!手軽にできる4つの冷え対策

これまで以上に夏場の気温がグングン上昇している中、熱中症対策が大声で叫ばれていますよね。外気とは比べ物にならないほどの冷房、喉を潤す水分など確かにその瞬間は気持ちよく感じることもありますが、夏のあいだじゅうそのような状態にさらされるとなると話は別。

逆に冷え性となってしまう危険性も・・

夏の冷え性対策をしっかりしなければ冷房で冷やされ続けた体は体温維持のために血管を収縮させ、血の巡りが悪くなり手足など体の末端から冷えてきます。
そうなると自律神経は乱れてしまい不調をきたすんですね。
食事に関しても暑いときに冷たいものをとりがちですが、これこそが冷えの大敵です。通常37度程度に保たれている内臓が一気に冷え、それを元の状態に戻すにはかなりのエネルゴート時間を要します。

冷え性対策としては、日頃から意識して温かいものを食べて内蔵を冷やさないようにすること。
食の細くなる時期でもあるので栄養価の高いドリンクを飲むのもオススメです。
39度~40度といったぬるめの温度のお風呂に浸かり、体をシンから温めること
そして、夏こそ長めの丈のインナーでお腹を冷やさない工夫をすることが必要です。

女性は男性以上に脂肪を蓄えているので冷えやすいですから、このようなことに気をつけて冷え性にならないように過ごしていきましょう。