フェイシャルエステの手順を知って綺麗に!

フェイシャルエステは、それぞれのエステサロンで独自のメニューが進められています。

沢山あるフェイシャルエステの中で、どのエステサロンでもまず行われるというものを紹介します。

フェイシャルエステを行う前に、エステサロンではどのようなことが気になるか、たとえば肌のきめを細かくしたい、乾燥肌に悩んでいる、というような話をカウンセラーが聞いてくれます。カウンセリングの後には、肌の質を調べるために実際に肌の触診があります。触診の結果から見て、どんなところをマッサージしたらよいか、どんな化粧品を使うかなどが提示されます。マッサージでは、肩や背中など、こりや疲れを感じるところ、それから手の力の入れ具合などを聞きながら、その人の好みにじょうずに合わせてマッサージ具合を決めていくのです。マッサージが終わったら、クレンジングを3段階ほど通過して、皮脂膜を取りすぎないようにしながら毛穴をきれいにします。クレンジングでは、肌が敏感な人もいるため、刺激の少ない化粧品も用意します。

しっかりクレンジングできれいになったら、プロの手によるメインのマッサージを受けます。オールハンドのマッサージでは、顔の特に気になるところをマッサージするのですが、年齢の現れやすい目の周りや、たるみがきになるあごなどを、しっかりケアしてもらいます。最後の段階は、顔をマッサージしながらのフェイスマスクですが、このときもその人に合った肌質のマスクを選びます。こうやってフェイスマスクをすることにより、活発に働いている肌がクールダウンされます。

これがフェイシャルエステの一連の手順です。

でも毎回フェイシャルエステは大変なので化粧品を良いものに変えました。バージンプラセンタ原液がたっぷり配合されているプルリです。プルリはバージンプラセンタ原液をメインに使用したブースタータイプの導入剤。プルリを化粧品の前に使うと次に使う化粧品の浸透率が高まります。そしてプルリ自身にも肌を潤す力や肌をふっくらさせる効果があるので肌がプルンとし若返って見えるんですよ!