足の多汗症になる原因

多汗症のメカニズムを知っている人は、それほど多くはないようです。

強いストレスや緊張状態が続いた時の汗を精神性発汗といいますが、これは足の多汗症の原因の一つになります。この精神性発汗は誰にもおこりうることであり、過剰に発汗症状が現れるのが局所性多汗症と呼ばれ、これが足の多汗症なのです。人間は不安を感じたりすると自分では制御することのできない交感神経の働きが強くなり、汗腺の動きが活発になり汗をかきやすくなるのです。また、細かなことを気にしやすい人や、性格が優しい人、完全主義の人などは精神的発汗が起こりやすいようです。足の多汗症になる原因には、ホルモンバランスの崩れによる場合もあります。自律神経は汗腺を司っていますが、ホルモンの影響を大きく受けている部分といえます。

 

体温調整機能の乱れにより足の多汗症がひどくなった場合、原因はホルモン失調からくる自律神経の乱れであることもあります。足の多汗症の原因としてホルモンバランスの乱れが考えられた場合、ホルモンバランスは更年期障害などの女性ホルモン減少によって乱れているのかもしれません。食生活が原因で多汗症になる場合もありますので、たばこや辛いもの、コーヒーが好きな人は要注意です。交感神経は活動が活発になると体内の汗腺を刺激し発汗を促しますが、緊張や不安だけでなく、ニコチンやカフェインなどの刺激物も交感神経を刺激する作用があります。これらの足の多汗症になる原因が分かれば対処がしやすくなるでしょう。

最近は足の多汗症もそうなのですが足の臭いも臭いと気が付きました。なので足臭対策として使っているクリームがティノンです。ティノンは足臭を抑えるだけでなく足の裏やかかとの角質を柔らかくすることも出来るので足の臭いや脚の汗が軽減されます。保湿して潤うことで足がしっとりし臭いや汗を抑えることにつながります。ティノンはシメン-5-オールを配合しニオイの根源である常在菌を根元から徹底除菌。スクワランも配合されているので肌を保湿することで余分な汗や皮脂の分泌を防ぎます。天然植物エキス、ビタミンC、イソフラボン配合なので足の多汗症や脚の臭いにも効いたりするみたいですね!