憂うつに感じる時

肌が乾いてメイクのノリが悪いというふうに感じるということがあるのではないかと思います。

そのようなメイクのノリが悪い時ってな非常に憂うつに感じる時です。そのような時の速攻ケアとして、いいのは保湿パックということができます。乾燥した肌は角質が厚くなってしまいます。そのため美容液などつけてもなかなか浸透していかないということができます。そんな時保湿パックは角質層の奥深くまでじっと潤いを与えてくれるということができます。今はシート状のパックが主流になっています。ですが昔からある固まるタイプの方がパックを本来の働きを発揮するということができるでしょう。なぜならば、パックが肌の奥まで潤いを届けることができるのは、肌を密閉するからです。そうすることによって表面から水分蒸発を防ぐということができるからです。しかしシートパックでは完全には密閉していないので、やはり水分は蒸発していくといえます。メディレギンス 公式サイト