お腹を割りたい僕の日常生活

宮藤官九郎さんといえば今や大人気脚本家。
池袋ウエストゲートパークに始まり、あまちゃんの大ヒットも記憶に新しいのではないでしょうか。

いまは奥様と娘さんと幸せな家庭を築いておられますね。
そんな売れっ子脚本家の彼ですが、女性には奥手らしいですよ。
仕事仲間のスタッフや女優さんが髪を切ったことに気づいても、「髪きりました?似合いますね」の一言が言えず、後から来た俳優さんがサラッと女性を褒めていて悔しい思いをするとか。笑。
そんなふうに内向的で心に秘めた情熱であの面白い脚本が書けるんでしょうね。
小学生時代はよく作文で賞をとっていたとか。
やはり子供の頃から才能が溢れていたんでしょうね。
高校時代はバンカラ高校に通っていて、下駄で通学していたらしいです。
あの線の細い見た目からは想像できない意外なエピソードです。
高校では文化祭などでお笑いをして、爆笑をさらっていたということです。
すべて今のお仕事に繋がってらっしゃいますね。
大河ドラマの脚本も控えている宮藤官九郎さんにこれからも大注目です。
でも、芸能で目立つ人ってやっぱりかっこいいですね。体つきとか、やっぱり筋肉かな?僕はいつも家で腹筋ローラーを使い、インナーマッスルを鍛えていますが、どれだけ頑張ってもお腹にうっすら縦線が入る程度です。でも、本当はシックスパックがほしいんです。でも筋トレサプリは副作用が怖いし、もっと体感できるものがほしい。そう思ったときに、加圧シャツというものがあることを知りました。なんでもスパンデックス繊維で体を締め付け、筋トレ効果をアップさせるとのこと。とりあえず、いろいろ口コミを見てたらビダンザゴーストの口コミが良いので今すごく気になっています。