にきび跡のクレーターが変化してしまった場合の対処方法

にきびの悩みは、若い頃だけでなく、成人してからも起きることがよくあります。大人にきびという言葉を耳にすることが増えていますが、いずれにしても問題なのはにきび跡です。

にきび跡には、色素沈着やシミとして残るだけでなく、クレーターができることがあります。にきび跡でも、表層に残っているだけなら、お肌のターンオーバーに伴って段々と薄く目立たなくなります。クレーターは皮膚の表面に凸凹ができてしまうにきび跡であり、表面的な皮膚の損傷ではなく細胞の深い部位にまで損傷が及んでいます。にきびが原因でお肌がクレーター状になってしまっては、自然回復を待っていても症状は改善しません。にきび跡がクレーターになるか、シミで終わるかを識別することは、とても難しいものです。シミだと思っていたにきび跡が、時間が経つにつれてクレーターのようになってしまうこともあります。自己治癒でうまくいくとは限りませんので、手に負えないと思ったら、早々に皮膚科の診察を受けて、しかるべき治療をしてもらいましょう。にきび予防に大切なことは、健康的な生活と、バランスのとれた食事です。食事の内容にも気を配る必要があり、睡眠時間の確保やコラーゲンを多く含む食品を摂取することで、皮膚の健康に役立ちます。スキンケア用品を選ぶ時は肌タイプとの相性を重視することや、洗顔ケアにも力を入れることが、にきびの予防につながります。
プロステビア 効果