減量とリバウンドについて

リバウンドをすると減量の努力が水の泡になってしまうので、避けたいと思う人は多いでしょう。減量に伴うリバウンドは、どうして起きるのでしょう。

リバウンドは、減量にチャレンジした人の多くが遭遇するものといえます。減量などで減らした体重が、急激に元に戻る現象がリバウンドです。時には、減量前より体重が多くなる人もいます。減量し、リバウンドし、また減量し、リバウンドしとリピートしていると、どんどんダイエットがしづらい体質になります。減量するとリバウンドしやすくなるのは、何が理由でしょう。人の体は、リバウンドの要因となる特性を誰もが持っています。今まで食べていた食事の量を減らし、体内に蓄積されている脂肪を燃焼せようとすると、人体は食事の供給量が急に減っても命を保とうとし始めます。少ない食事を大事に使うために、人の身体は代謝を下げ、生きていくために消費するカロリーの量を減らそうとします。同時に、得られたカロリーは体内にできるだけ多く蓄積させます。減量後のリバウンドは、ダイエット前の食事に戻しても体の状態は非常時状態のままですから、カロリー消費量が少ないままになって時に発生します。減量をしている時は、体重が思うように減らない時があります。リバウンドを防ぐには、体重が一向に減らない時期に入っても、減量を諦めないことです。
ナールスピュア 効果