簡単そうに見える断食ダイエットの方法

一切食事を摂らないというダイエット方法ですが、正しい方法で行う必要があります。ダイエットのためには1日に摂取擦るカロリーを減らす必要があるため、断食が有効です。

ダイエットで大事なことは、カロリーの摂取量を、消費量より少なくすることです。1日に取り入れるカロリーを少なくしたいなら、断食によってカロリーを取り入れない期間を設ければいいわけです。極端な食事の制限は、カロリーの欠乏状態を招きますので、断食のやり過ぎは栄養不足を引き起こすことになります。摂取カロリーが足りないと、脂肪や筋肉などを分解してエネルギーを確保しようとするので、体重が減るのです。人体の機能をうまくつかえば、食事を減らしてスムーズにダイエットができそうですが、正しい方法で行うことが大事です。断食を続けると、身体への負荷が大きくなりますので、体のダメージを考えた断食のプランが必須になります。専門的な知識を持たずに、ダイエットを目的とした断食を行う場合、3日以上はいないようにしましょう。また、数日の断食の後で、すぐにダイエット以前の食事を摂ると、リバウンドを起こしかねないので、注意が必要です。しばらく食事が少ない状態が継続すると、人体はカロリー消費量を少なくして、脂肪を蓄えようとします。ダイエットに成功したからといって急に食べてしまうとリバウンドの心配もあるので、この点にも注意が必要です。
ヘルシーバンク