アスパラギン酸とポリアスパラギン酸Naの違い

アスパラギン酸とポリアスパラギン酸ナトリウムは分子構造が違います。

アスパラギン酸(分子式:C4H7NO4)を重縮合反応(単量体が次々と結合して重合体を生成する反応)あるいは加熱重合させてポリスクシンイミド(スクシンイミドの分子式:C4H5NO2)を作ります。さらにポリスクシンイミド(英語名:POLYSUCCINIMIDE)を加水分解して作られたものがポリアスパラギン酸になります。

アスパラギン酸の英語名は、Aspartic Acidでアミノ酸の1種です。皮膚や髪を整えるコンディショニング剤として多く使われています。アスパラギン酸の1部は水と仲が良く、タンパク質の表面にあり水やほかの極性(片方に偏っていてどちらかにくっつこうとする力)のあるアミノ酸とくっつく性質があります。

アスパラギン酸は11種類ある中の非必須アミノ酸のひとつで世界で1番初めに発見されました。必須アミノ酸は体内で合成できるのですが、様々な働きがあるため食品からも摂取したいアミノ酸。アスパラガスにも多く含まれているアミノ酸で、K(カリウム)、 Mg(マグネシウム)の吸収を高めます。 また、疲労の原因である乳酸の分解を促進するので、疲労回復にも効果があります。

アスパラギン酸から化学合成してできたものがポリアスパラギン酸ナトリウムになります。

 

そうはいっても難しいことは良く分からないし歯が白くなれば良いやということでホワイトニング用ブルーライト搭載の電動歯ブラシのセットを買っちゃいました。ZEROクリスタルを使ったら今まですごく悩んでいた、歯の黄ばみや口臭がいっきに改善されました。ゼロクリスタル ホワイトニングで磨いた後は歯がツルツルで口中が凄くスッキリ。歯の色が以前と比べて断然明るくなったのを実感!ZEROクリスタルは歯医者さんに行かなくても自宅で歯を白く出来るので重宝していますよ。