飲み物として飲むのもいいじゃない

今は健康ブームと言っても過言ではないと思いますが、水素水もその中の一つとして流行っていますよね。

水素水というのは、特に何か成分が入っているというものではなくて、水素の分子が入った水ということになります。

だから味も臭いもないので、水そのものの味がする(といっても無味無臭)んですよね。

これを飲み水として飲んでおくと、活性酸素を中和してくれる働きが期待できるので、身体にとっていろんないいことがあるということです。

水素水を飲む方法としては、市販のアルミパウチの水素水や、サーバーなどから生成する水素水、それから粉末などを溶かして水素を発生させるものなどいろんな方法があります。

一番重要なのは水素の濃度ということなので、濃度を濃くするように気を付けて飲むといいでしょう。

一日に飲む量としては500mlくらいが適当だと思います。

水素水は市販で購入すると水なのに結構高価なので、継続的に飲みたいという人は生成器タイプのほうが、初期費用はかかってもコストパフォーマンスはいいと思いますよ。

浄水器で作った水素水は美味しいのか